水がある限り金魚は泳ぐ

本と読書と映画とドラマ、そして雑文。

follow us in feedly

ペットボトルのエリマキトカゲが消えた日。

 いつも飲む500mlペットボトルをコンビニからとるとき、なんだか邪魔なのが増えてた。キャップあたりに巻き付いている、まるでエリマキトカゲのエリみたいな広告である。

f:id:miisan555:20131220152844j:plain

 

 

 かわいいふっくらした女の子がTVCMに起用されていて、日本学校保健会から推薦になってる奴。そんなのがつく前から、私はけっこう好きだった。

 

 売れてるからか、コンビニのデカい冷蔵庫の3列を占有。

 エリマキトカゲのエリのように全部の商品に、広告がつけられていた。窮屈そう。

 ペットボトルの意匠の凸なハートも台無しである。

 

 ペットボトルは、高さの半分から上、キャップのすぐ下あたりを持つことが多いと私は思っている。にも関わらず、肝心のその部分が隠れていると、取り出しにくい。その上、飲む前に、エリマキトカゲのエリの広告を外さないといけないわけである。

 

 と、ここまでは、細かい愚痴とも言える。

 

 だが、ある日を境に、3列あった商品の1列から、エリマキトカゲのエリは消えていた。

 

 他にもきっと、同じことを考えていた人がいるのだ。小さなことだけど、ペットボトルのエリマキトカゲが、1列分、消えた。

 このくらいのこと、なのかも知れない。されど、世の中は動くのだ。

広告を非表示にする