水がある限り金魚は泳ぐ

本と読書と映画とドラマ、そして雑文。

follow us in feedly

村上弘明さんが2013年の大河ドラマで無双状態らしい件のあれこれ。

 NHKさんの大河ドラマから離れて久しいが、久しぶりに興味津々になりそうなネタが流れてきた。2013年大河ドラマ「八重の桜」で、村上弘明さんが、松平春獄役で無双しているらしいのである。なんか、春獄が福井に帰ってしまったので、これからすぐに会えないっぽいらしいのが残念である。

 

 俳優さんは、鳴り物入りで良い役を演じられても話題にならないこともある。でも逆に、思わぬ役柄で、話題になったりする。

 

 村上弘明さんは、仮面ライダーや必殺仕事人といった、「アタリ役」のある俳優さんで、海外ドラマでいったら、イメージが固定しやすく仕事がしにくい時期もあっただろうに、と思う。端正なお顔立ちで、ヒーロー的な役柄が似合う中、今回は大河ドラマとはいえ、突き詰めて腹黒っぽく松平春獄を演じてらっしゃると聞き、評判をネットで検索すると、総じて好評なようである。それも、彼のアタリ役を知っている方からも、だ。

 「アイアンメイズ ピッツバークの幻想」という野心作で海外に挑戦し、「プルシアンブルーの肖像」では、汚れ役教師を。現代劇でもたびたび拝見し、コメディ的な間合いもお持ちの俳優さんだと思えたりした。時代劇でのご活躍はあまりにも有名。

 

 私が個人的に好きなのは「秀吉」竹中直人版での明智光秀役。ここでも村上弘明さんは、従来のイメージと違う光秀を演じられた。信長、秀吉の時代には欠かせない明智光秀という役柄ではなく、等身大の明智光秀というか、当時の私は、村上版光秀と奥方の物語を純愛、ととらえて観ていた記憶がある。

 

 ついこの間、HULUで鍛冶屋の政@村上弘明さんが活躍する映画版「必殺!」を楽しんだ。当時の酒井法子さんの不慣れな演技に付き合い、彼女に報われない恋心を描く政を、丹念に演じておられた。その関係で、ネットで調べ物をしていたら、京本政樹さんのラジオ番組に、村上弘明さんが出ておられた時のレビューに出会って楽しく読ませていただいた。楽しいおしゃべりが聞こえてきそうな内容である。だが、「必殺!」というエンターテイメントな時代劇だったけど、山田五十鈴さんや藤田まことさんに出会われ、いっぱい経験されたのが、ヒシヒシと伝わってくる。

 

 ぶっちゃけた話、村上版春獄の評判は意外だった。でも人生ってそういうもんなのだ。今までいろんなことをやってきた成果が突然、どんぶらこってな感じでやってくるときがある。ちょっくら、元気をもらった気分である。