読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がある限り金魚は泳ぐ

本と読書と映画とドラマ、そして雑文。

follow us in feedly

ホラー映画を盛り上げるTVショーの俳優たち

雑文 海外ドラマ 映画 ネタ

 「スリザー」というホラー映画を観た。最初は、ときどきボケーと、B級を観たくなるのを満喫〜って程度でゆったり構えてたのだけど、主演の保安官役を観て「どっかで観たことあるなあ」と気になり始め、すぐ検索をしてみた。

 ネイサン・フィリオン

 「キャッスル」さんだー!!!!

 我が家では、「キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き」を親しみを込めて「キャッスル」さんと呼ぶ。時間が空いたから「キャッスル」さん観ようてな感じ。

 映画はすごくB級で、敵役さんの怪演もあって楽しく観れた。でも、ときどき脳内変換が起こり、作家の「キャッスル」さんが、保安官の服着てるー!!も連発。でもそれは映画の邪魔にはちっともなってなくて、映画を楽しくしてくれたのである。

 

 「The Fog」は、ジョン・カーペンター監督作品のリメイク。主演のトム・ウェリングはシーズン10まで続いた「ヤング・スーパーマン」の主役。

 

 まだまだある!

 

 ゾンビ絡みでは「ドーン・オブ・ザ・デッド」@ザック・スナイダー監督。サラ・ポーリーとほのかに良い感じになる男性を演じるのが、ジェイク・ウェバー!。「ミディアム」でジョー・デュボアを演じていたあの方がゾンビと戦っておられた。

 劇中の以下の台詞(原文ままではないです)に大爆笑。

 「子供三人の子育てに自信があるけど、女運は悪いかな」

 ゾンビになる前に自ら死を選んだ場面は、とても美しかった。

 

 「スーパーナチュラル」の主演お二人も、ホラー映画で活躍されてるのは有名。

 

 最後に、「ウォーキング・デッド 」の話を。

 ちょっとうれしかったのは、ローリー・ホールデン の2013年サターン賞受賞。「ウォーキング・デッド 」のアンドレア役は、鮮烈だった。すばらしいな、と思える仕事が評価されるのは嬉しい。フランク・ダラボン監督の映画作品の常連さんぽい。

 その反面、「ウォーキング・デッド」の主役アンドリュー・リンカーンが、同作とエミー賞との関係を、言葉を選びながらもホラー映画が「枠外」の扱いを受けてる現状に触れてるっぽい(やや個人的解釈の説明〜中身は下記のリンクをば)。「ウォーキング・デッド 」自身もホラージャンルを高みに上げる目的を持った作品だと言われている。加えて、アンドリュー・リンカーンのリック役も、とても繊細で惹きつけられる演技だと思う。

  

 ホラー映画とTVショーの俳優の関係は前から知っていたけど、「スリザー」で改めて認識する。ホントにB級で楽しいホラーだった。ネイサン・フィリオンだからこそ、「キャッスル」さんが面白い部分があるのが、「スリザー」でわかった気がした。

 

 

2013年06月25日のブログ|もっさんのブログ

広告を非表示にする